Read Article

1円男子の抱えたある事情。。

 

前回のブログで、同じ事を聞いてもその立場や境涯によって、

全く違って聞こえるという事を書きました。

 

相手の言動や行動を見て、「あり得ない」と思う事があっても

お互いの立場や境遇が違うという事を知っていれば、

何か特別な事情があるのではないかと思えるようになります。

 

たとえば、1円男子という言葉があります。

あまりがつがつしない男性を草食系男子

弁当を持っていく人を弁当男子

水筒を持ち歩いている人を水筒男子など、

いろいろな男子がありますが、その中に、1円男子という言葉が

ありますが、これは、女性と一緒に食事をした時に、

1円単位で割り勘をしようとする男性のことです。

 

女性の皆さんにそんな男性をどう思うかを聞くと、

ほとんどの人が「あり得ない、2度目のデートはない」

という反応です。

 

たしかに、いつでも男性が奢る必要はないと思いますが、

少しだけ多く出してもらいたい、少なくとも1円とか10円という

端数は切り上げてもらいたい、と思うのは自然でしょうし、

それを1円単位で割り勘するなんて、考えられないと思うでしょう。

 

しかし、もしこんなケースはどうでしょうか。

その男性は、小さい頃に両親を亡くして、孤児院に預けられ、

金銭的に厳しい環境で育って、1円を節約する生活をしていた事を

知ったらその1円の受け止め方も変わるのではないでしょうか。

 

もちろん、それでも非常識と思う人もあるでしょう。

たしかに、女性をデートに誘うなら、それくらいの常識をわきまえて

おいた方がよいとは思います。

ただ、そのような環境で育った事を知ると仕方ないと思えるかも

しれませんし、怒りの心は起きないかもしれません。

 

「あり得ない」と思う前に、もしかしたら「あり得るのかも」

と一息ついて、相手の事情を聞く余裕を持てば、無用な争いは避けられる

のではないでしょうか。

 

※ちなみに、1円男子が全員そんな事情を抱えている訳ではないと

思いますし、もしかしたら、そんな事情を抱えた1円男子は、

一人もいないのかもしれませんが、まあ、例えばの話ということで。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top