Read Article

心に潜む青鬼とは。

私たちの心の中にいる、鬼について続けて書いています。

 

鬼というと、どんな色の鬼を思い浮かべられるでしょうか。

仏教では、私たちの心に、

青鬼・赤鬼・黒鬼

という3つの鬼が潜んでいると教えられています。

 

妖怪ウォッチというゲームのキャラクターにも、青鬼・赤鬼・黒鬼がいて、

それがそろって出てくるようです。

 

青鬼とは、私たちの欲の心です。

青は、深さを表す色で、海でも浅いところは、透明ですが、深い所は青い色を

しています。

 

私たちの欲は、とても深く、どれだけ満たしても満足せず、もっともっとと際限なく

求める心です。

 

いや、私はそんなに欲深くはない。そんなもっともっとなんて思わないという人も

あるかもしれませんが、その人に、じゃあ、どれくらい欲しいですかと尋ねると

「もうちょっとあればいい」

と答えます。そのもうちょっとは、実際にもうちょっとが手に入ると、

もうちょっとと際限なく求めてしまうので、じつはもっともっとという心と同じ

なのですね。

 

夏になるとアイスクリームを食べたくなりますが、

私が小学校の時は、アイスクリームといったらチューペットでした。

しかも、4人兄弟だったので、1本を真ん中で割って、自分が食べられるのは、

その半分でした。

その時には、一本丸ごと食べられたら幸せと思っていたのですが、

1本食べていいよと言われた時は、嬉しいですが、だんだん当たり前になって、

今度は、もうちょっとちゃんとしたアイスをと思うようになります。

棒アイスというもので、当時のお金で50円くらいでした。

それが、今度はカップに入った100円のアイスが食べたくなります。

それが、今度は、ハーゲンダッツが欲しいと思うようになります。

はじめから強欲というよりも、もうちょっともうちょっととだんだんと求める

心が強くなっていく為に、自分でもその欲の強さに気がつかず、自分はそんなに

欲の心は強くないと思ってしまうのかもしれませんね。

 

そして、その欲の心を満たすためになら、人はどうなってもいいと、

自分の欲を満たす事しか考えられなくなる、我利我利の鬼の心が出てくるのだと

お釈迦様は教えられています。

そして、それが青鬼で表されているんですね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top