Read Article

覆面パトカーを恨むスピード違反

 

前回のメルマガで、縄を恨む泥棒、について書きました。

これは、自分のした泥棒という行いを見ずに、

自分を縛り付けている縄、自分を捕まえた奉行所の役人を

恨んでいる人ということです。

 

これは、因果の道理が分からない、愚かな人を言った言葉ですが、

そんな馬鹿な人が本当にいるのかと思われるかもしれません。

 

ところが、実は、こんな人、沢山あります。

一例を挙げると

覆面パトカーを恨むスピード違反

ということでしょう。

 

高速道路で、スピードを出しすぎて、覆面パトカーに停められ

罰金を払わされて、違反点数も加算されて、苦しんでいる人が、

「この覆面パトカーのせいで!」と恨んでいるのは、

縄を恨む泥棒と同じです。

 

いやいや、縄と覆面パトカーは違うでしょう。

だいたい、覆面をしているなんて卑怯でしょう。

ふつうのパトカーなら、それを抜かしてスピード出したりしませんよ

それをパトカーなのにそれを隠している方が悪いでしょ。

それに、もっと早く走っていた車もいたのに、どうしてそれを

捕まえずに私を捕まえるんですか。不公平じゃないか。

そんなふうに思うかもしれません。

 

しかし、問題は、どれだけ沢山の覆面パトカーが走っていても、

自分がスピード違反さえしなければ、検挙される事はありません

でした。

 

他の車がどんなにスピードを出していても、自分が制限速度を

守っていれば、覆面パトカーは、他の車を捕まえたでしょう。

 

自分のスピード違反という行いが、今の結果を生み出しているの

ですが、なかなかそれが分からず、捕まえた警察のせいにして、

恨んでいる人は、少なくないでしょう。

 

別のバージョンとしては、

緑のおじさんを恨んでいる駐車違反も同じでしょう。

※緑のおじさんは、駐車違反の取り締まりを委託されている業者の人です。

「短い時間だったじゃないですか」

「標識が見えなかったんですよ」

「向こうの車の方が長く停めているじゃないですか」

といろんな心が出てきますが、

そもそも停めてはいけないところに停めた自分の行いがなければ

何人緑のおじさんがそこにいたとしても、駐車違反を取られて

苦しむ事はありませんでした。

 

覆面パトカーや、緑のおじさんは、あくまでも縁であって、

原因は自分にあるのですが、この因と縁の関係を知らないと、

縄を恨む泥棒になってしまいます。

 

因縁果の道理についてもう少し詳しく書いてゆきたいと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top