Read Article

ブラック企業を恨む新入社員(2)

前回からブラック企業を恨む新入社員について書いています。

 

このような場合は、自分は悪くない、一生懸命に仕事をしているのに

ひどい扱いを受けている、これは会社のせいであり、他因自果ではないか

と思います。

 

しかし、このような場合でも、自分の行いに原因があると教えられます。

 

この場合、ブラック企業というのは、悪い縁であり、そのような会社を

選択してしまったという行いが、原因です。

 

もちろん、ブラック企業が悪くない訳ではありません。

ひどい社員の扱いをしている会社や上司は、悪い行いをしているのであり

その結果は、会社や上司本人に必ず返ってきます。

 

新入社員が受けている結果は、あくまでも新入社員自身の行いであり、

選択の結果であると見つめる事が大事です。

 

もし、自分の行い、選択には問題がない、悪いのはあくまでも

ブラック企業だと思っている限りは同じような結果を受け続けなければ

ならないかもしれません。

 

ある人から相談を受けた事ですが、会社がブラックでとても苦しんでいました。

よくよく聞いてみると、あまりよく調べずにその会社に就職したということで、

転職を決意して、会社を辞めました。

 

そして就職活動を始めたのですが、あまり身が入らず、

内定が取れた会社に、ここでいいかと、またあまりよく調べもせずに

入ったところが、またブラック企業であったという事でした。

 

この人の場合、会社が悪い、会社を変われば幸せになれると思った事が

間違いであったということです。

 

自分の選択に問題があったと気がつけば、

次の就職活動は、もっと真剣にしたでしょうし、内定がとれても、

会社の状況をもっとよく調査したでしょう。

 

また、よりよい選択ができるように、資格を取るとか、

コミュニケーション能力を身につけるなど、自分の行動を変えるでしょう。

 

そして、行動が変われば、必ず結果も変わってきます。

ちゃんとした会社からのオファーがくるようになるでしょうし、

上司も無茶な事を言えなくなるでしょう。

 

自分の行いを変えることは、大変なことであり、痛みを伴う事でも

ありますが、そこが変われば、これから未来が大きく変わります。

 

自分の行いが変わらなければ、自分の人生は変わらないと

思うことから全てが始まります。

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top