Read Article

選択の積み重ねが人生をつくる

JanBaby / Pixabay

 

前回、縁を選ぶ事が大事と書きました。

けれども、選びたいと思っても、選べない縁もあります。

 

たとえば、私が、今から東京大学に行こうと思っても、

それが実現するのは、かなり難しいでしょう。

 

また、これから飛行機のパイロットになろうとしても、

これもまず無理です。

 

縁を選ぶ事が大事といっても、選べる縁は限られています。

しかし、どうして限られているかというと、これまでの自分の

行動によって、範囲が限定されるからです。

 

仏教は、生まれた時から運命が決まっているという運命論でも

ありませんし、人生をどのようにでも変えてゆけるという

自由論でもありません。

 

過去の行動によって、選べる範囲は限られているけれども、

選べる範囲の中では、自分で選ぶ事ができます。

 

だから、自分のこれまでの生活とかけ離れた縁を選ぶという事は、

できませんし、無理矢理それをしようとしても、長続きしない

場合もあります。

 

そこで大事なのは、今の自分が置かれている環境の中で、

何を選ぶのがよいのかをよく考える事です。

 

今の状況は、過去の選択の積み重ねであるということは、

これからの人生は、これからの選択によって変わるという事です。

 

少しずつでもよい縁を選べば、さらによい縁を選ぶことが

できるようになります。

 

その積み重ねによって、過去の自分と比べると選べるものが、

大きく変わるという事があるでしょう。

 

たとえば、どんな友達と過ごすか、話をするか、これによって、

これからの人生は大きく変わります。

 

人のせいにして、自分を弁護する事ばかり考えている人と

一緒にいると、知らず知らずのうちに自分も同じような考え方に

なったり、話をする内容が、友達のようになってきます。

 

そうすると、そのような人が自分の周りにどんどん集まってくる

ようになり、前向きな考え方の人は、自然と疎遠になってきます。

そうすると、つきあう人の幅は自然と限られてきます。

 

反対に、常に自分が出来る事を何かを考えて、具体的な行動を起こす

人といれば、話題も前向きな内容になりますし、自分の職場や家庭での

言動も変わってきます。

 

そうすると、職場でより責任ある立場を任されたり、家族関係がよく

なって、家で安心して過ごすようになり、心身ともに充実してきて、

いろいろな人と接点を持つ事ができて、新たな事を吸収する事が

できます。

 

1回は、小さな縁ですが、その積み重ねは大きな力になりますし、

その積み重ねによって、自分の選択の幅が限定される事もあれば、

大きく広がってゆく事もあります。

 

V字回復とか、急激な改善は、なかなかできません。

なぜなら、落ちたり悪くなったのは、長い間かけての悪い選択の

積み重ねである事が多いからです。

 

長い時間かけて落ちたものを回復させるには、やはりそれなりの時間が

かかります。

 

特効薬や、必殺技があるのではなくて、毎日の選択の積み重ねが、

自分の人生を作っていることを忘れず、常によい選択ができるように

考えてゆきたいものです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top