Read Article

陰で喜んでいることも罪になる

 

お釈迦様が説かれた真実の自己について続けて書いています。

次に体で造る罪悪を

殺生(せっしょう)

偸盗(ちゅうとう)

邪婬(じゃいん)

と教えられています。

 

殺生とは、生き物を殺すことを言います。

私たちは、食べるためや、生活のために、たくさんの動物の命を

奪っています。

 

人間は動物を殺すことを当然だと思っています。

いや、当然とは思っていなくても、生きるためには仕方がないと思います。

 

しかし、殺される動物は、同然とも仕方がないとも思っていないでしょう。

 

船に釣り上げられた魚がピチピチ跳ねるのも、

首を絞められたニワトリがバタバタもがくのも死にたくないからです。

やれ打つな 蝿が手をする 足をする

という小林一茶の俳句があります。

もちろんこれは、お願いしますと手足をする合わせているのではない

でしょうが、そう見えるということだし、実際に心は、同じでしょう。

 

私たちが命の危険が迫って来ると、死にたくないと強く思いますが、

その気持ちは動物も同じです。

 

その動物の命を奪わないと生きていけないのが私たち人間の姿です。

お釈迦様は、殺し方によって、3通りに分けて教えられています。

 

自殺(じさつ)

他殺(たさつ)

随喜同業(ずいきどうごう)

の3つです。

 

初めの自殺とは、テレビや新聞で使われる自分で自分の命を絶つ

という意味ではなくて、自分の手で生き物を殺すことを言います。

食べるため生きている魚やアサリなどを捌いたり煮たりすることや

蜂や蚊に刺されて怒りのために殺したり、

ホビーとして、フィッシングで虫を針に刺したり、魚を釣り上げて

殺したりするのは、自分の手で生き物を殺す自殺です。

 

他殺とは、他人に頼んで生き物を殺してもらうことを言います。

ゴキブリが出たことにびっくりして、奥さんがご主人に頼んで、

殺してもらうことは他殺です。

 

また、スーパーマーケットなどで、肉や魚を買うのは、業者に

お金を支払って殺してもらっているのですから、これも

他殺ということになります。

 

随喜同業とは、他人が殺生をしているのを見て、喜ぶ心があれば、

それは、同じ殺生の罪だと教えられています。

 

お父さんがゴキブリを殺したのを見て、すご~いと喜んでいる

子供は、随喜同業の殺生罪を作っていることになります。

 

生簀で、泳いでいる坂を注文して、手際よく捌いているのを見て、

喜んでいたり、それを美味しい美味しいと喜んで食べるのも

随喜同業の殺生罪です。

 

普通は、自分で殺すのが一番罪が重く、見ているだけなら、

そんなに罪は重くないのではないかと思います。

 

しかし、殺される方からすれば、どれも同じと感じるのではないでしょうか。

例えば、中学校などでいじめが起きることがあります。

番長的な人が、子分的な人に指示していじめるのですが、

それを見て見ぬ振りをして、陰で笑っている傍観者の人もあります。

 

傍観者は、俺は何もしていないよと思うかもしれませんが、

いじめられている子供の立場に立って考えてみると、

直接手を出している人も憎いし、やらせている人もにくいでしょう。

そして、それを傍観して、陰で笑っている人への憎む気持ちも、

変わらないでしょう。

 

いや、もしかしたら、自分は手を汚さずに笑っている人が一番憎い

のかもしれません。

 

自分の罪の自覚と、相手が受けている苦しみとは、一致しないことが

わかれば、お釈迦様が説かれる悪についても、より深く知らされるのでは

ないでしょうか。

 

自分の罪には、目を背けたくなりますが、それを真正面から見つめた時に、

進むべき道が見えきます。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top