Read Article

人のものを黙って持っていくだけが盗みではありません。

体で作る悪について続けて書いています。

お釈迦様は、私たちは体で、

殺生(せっしょう)

偸盗(ちゅうとう)

邪婬(じゃいん)

という悪を作っていると教えられます。

 

前回まで、殺生について書いていました。

殺生の次に教えられているのは、偸盗(ちゅうとう)です。

 

これは他人のものを盗むことを言います。

他人のものをその人のいに反して、盗むということですから、

当然、相手を苦しめる悪い行いということです。

 

誰もいない時を見計らって、家にあるものを盗むのも偸盗です。

本屋などで万引きするもの偸盗です。

会社のお金や税金を着服するのも偸盗剤ですし、

海外ではよくあるお手伝いさんが、掃除に入った家で、置いてあるものを

黙って持っていくのも偸盗です。

 

そして、盗む物はモノだけではありません。

相手の時間を盗むことも偸盗になります。待ち合わせをしているのに、

時間に遅れて、相手を待たせるのは相手の時間を奪う偸盗の罪を作っている

ことになります。

 

偸盗のことを不与取(ふよしゅ)とも言われます。

これは、与えずに取るということです。

お店で、お金を与えて、品物を取れば、それは買い物ですが、

もし、お金を与えずに品物を取ったらそれは盗みということになります。

 

また、給料泥棒という言葉がありますが、泥棒といっても、

給料を金庫から盗んでいく訳ではありません。

仕事をせずに給料を受け取っている人のことで、

会社に利益を与えずに、お金だけを受け取っているということで、

不与取ということになります。

 

また、十分な能力もないのに、会社などで責任ある立場に立つのも、

果たすべき責任を果たせていないのに、お金や名誉を得ているのも、

不与取ということになります。

 

未分不相応なものを持つというのも、偸盗になると教えられます。

例えば、大学生が高級車を乗り回しているのは、

自分にそれだけの働きをしていないのに、親のお金を使っているという

ことになり、これも不与取ということになります。

 

単純に、人のものを盗むことだけが偸盗ではなくて、

すべきことを果たしていないのも、偸盗の罪を作っているということに

なります。

そのように考えてみると、いろいろな場面で偸盗の罪を作っていることが

知らされます。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top