Read Article

お礼や見返りを期待する心を毒という

前回からお釈迦様が曽無一善と大無量寿経に説かれていることについて書いています。

これはかつて一善もなしということで、

本当の私たちの姿についてお釈迦様が教えられたお言葉です。

そう聞いて、その通りとはなかなか思えないでしょう。

確かに悪いこともやっているが、いいこともやっていると思います。

確かに、私たちは、良い行いをすることがあります。

電車で人に席を譲ったり

荷物を持ってあげたり

赤い羽根の募金をしたり

頑張った人を認めて褒めてあげたり

日頃の言動でも確かに良い行いをしています。

それは善をしていることにはならないのかと思います。

それらの行いは、善であることに間違いはありません。

それなのにお釈迦様が一善もなしと言われているのはどうしてなのでしょう。

ここでお釈迦様が善と言われているのは真実の善ということです。

私たちのやっている良い行いは、善ではありますが、真実の善ではないということです。

真実の善ではないとしたら、私たちの善は、どうなるのでしょう。

お釈迦様は、私たちの善は「雑毒の善(ぞうどくのぜん)」であると教えられています。

これは毒のまじった善という意味で、純粋な善ではなく、私たちのやる善には毒が入っているという意味です。

ここで毒と言われているのは、

お礼や見返りを期待する心ということです。

私たちは、良い行いをしますが、その時に、お礼や見返りを期待する心を離れてすることができないということなのです。

例えば、電車やバスに乗っている時に、お年寄りに席を譲ったとしましょう。

その時に、その人が

「有り難う。助かったわ」

とお礼を言われると、いいことをしたといい気持ちになります。

しかし、もし何も言わずにぶすっとした顔で座られたらどうでしょう。

いい気持ちがしませんよね。

ましてや、

「やっと譲ったの。本当に最近の若い人は、配慮がないわね」

と文句を言われたら、どんな気持ちになるでしょう。

「このくそ○○○、こんなやつに譲ってやるんじゃなかった」

と腹が立ってきます。

それは、お礼や見返りを期待する心の表れで、

それが返ってこないと腹を立ててしまうということです。

もし純粋な気持ちでした行いであれば、

相手が立っていて辛かったのが、席に座って楽になったのですから、

それを喜べばいいのですが、なかなかそうは思えません。

このお礼を期待する心を毒とお釈迦様は言われているのですが、

ここで大事なのは、雑毒の善といっても、悪ではありません。

善は善です。しかし、仏の眼から見られたら毒が混じっていて、

真実の純粋は善ではないという意味です。

このことについてはもっと詳しく書いてゆきたいと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top