Read Article

男性と女性では相談の意味が違う

ちょっと相談があるの、と言われたら…

よく女性から男性がちっとも相談を聞いてくれないという意見がある一方、男性からは、相談してくるのに、ちっともアドバイスを聞かないという文句を聞くことがあります。

また、妻から夫が悩んでいるみたいなのに、ちっとも相談してくれないと寂しく思う声がある一方で、夫からは妻に相談してもどうなるものでもない、という意見も聞きます。

女性から相談があるの、と言われた時、男性は、その相談を聞いて、なんとか解決策を提供しようと思って

「こうしたらどう・・」「ああしたらどう・・」

と色々とアドバイスをするのですが、女性は

「でもー○○だから」「だって、○○だもん」

と言って、そのアドバイスに少しも従おうとはしません。

そのやりとりが何回か続くと男性は、だんだん腹が立っていて

「じゃあ、勝手にしろ!」

と会話を打ち切ってしまいます。

どうしてこのようなことが起きてしまうのでしょう。

これは男性と女性の「相談」の意味合いが違うからです。

女性にとっての相談とは

まず、女性にとっての相談は、

「話しを聞いて、共感して、慰めて欲しい」

と言う意味なのです。

だから女性から相談があるのと言われたら、男性は

「ちょっと、話を聞いて、共感して、慰めて欲しいことがあるの」

と言葉を置き換えて理解しましょう。そうすれば、対応も変わってくるのではないでしょうか。

女性は相談する時に、共感して欲しいので、共感してくれそうな人に相談をしようと思います。

初めは、恋人や夫は、共感してくれる人と思って、一生懸命話をするのですが、だんだん、共感してくれないことが気がついて、無駄と感じて話をしなくなります。

そして、女子会や近所の主婦とランチに行って、長い時間話をします。ところが、話をしたい女性ばかりの集まりですので、会話のキャッチボールというよりも、それぞれが言いたいことを言い放っているという状況にもなったりします。

女性の相談は、自分の中で、ある程度答えは決まっていて、相談するのは、苦しみや悩みを共感してもらって、自分の答えに「それでいいよ」と後押ししてもらいたいという気持ちなのです。

男性にとっての相談とは

それに対して、男性にとっての相談は、自分で解決できそうもないことを、解決してくれそうな人に、適切な解決策を教えてもらうためにするものです。

だから、男性が相談をする場合は、自分より能力のある人、尊敬する人、解決策を教えてくれそうな人にするのです。

だから、妻が夫に「悩んでいることがあるなら相談して」と言っても、夫は「お前に言ってもどうしようもないからな」とまともに相談しようとはしません。

それは、職場の人間関係や、今取り組んでいるプロジェクトの内容や経過、突き当たっている問題点などを話をして、それを理解してもらわないと、適切な解決策は出てこないと思うからです。

それを全部話をするのには、多くの時間とエネルギーがかかりますし、それをしたところで、妻から適切な解決策が出てくるとは到底思えないので、相談をしようとは思わないのです。

ですから反対に、今度は自分が相談を受けた場合は、自分は相手よりも力があって、相手は自分を頼って、問題を解決してもらいたいのだと思います。

そこに適切な解決策をズバっということが、男性にとっての名誉なのです。

ということは、妻から相談を受けた夫の心理は、

妻は自分を頼って、自分に適切な解決策をズバッと答えてもらいたいと思って相談をしているのだ

と思います。

だから延々と続きそうな妻の話をできるだけ簡潔にまとめようとして、「要するにこういうことでしょ」「結論は何?」と禁句を連発して妻を怒らせてしまうのです。

どうして、一生懸命、相談を聞いて解決策を提供しようとしているのに、妻が腹をたてるのかさっぱりわかりません。

違いを知って心がけることは

同じ「相談」という言葉でも、男性と女性の意味合いは全く違うということです。

まず違うということをよく知りましょう。その違いを知って、どのように心がければいいのでしょうか。

もし男性が女性から相談を受けたら、話をよく聞いて、共感して慰めてあげてください。

話をまとめる必要もありませんし、結論が出て来なくてもいいのです。そして何もアドバイスもする必要がありません。

そうしたら「今日は、素敵なアドバイスをありがとう。どうしたらいいかよくわかったわ」と喜んでくれるかもしれません。

夫が少しも相談してくれないと嘆く妻は、夫にとっての相談は相当重いもので、相談する時には、自分の方が能力が低いと認めるようなもので、プライドが許さないと感じる人もあるということを知って、無理に相談してもらおうとしないことが大事です。

悩みがあるみたいだけど、あなたは、自分で解決できる力があると信じていると伝えましょう。そして、もし私に何かできることがあったら言ってね、と話をしたら、男性から相談をしてくれるかもしれません。

違いを知って、その違いに応じて、接し方を考える、これが男女の間だけでなく、人間関係全般において大事なのではないでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top